■セクハラ・パワハラ、ストレスまみれの女性の社会進出じゃ意味ないんじゃない!

2017/02/10(Fri)

やりがいがあって、楽しくて、幸せで・・・そんな仕事をしている女性がどれだけいるでしょう? そんな女性の社会進出であれば大いに喜ばしいことです。でも・・・ セクハラ・・・パワハラ・・・ストレスまみれで・・・でも、今は仕事をしないと・・・ そんな風に無理をして働いている女性も多い。そんな人はぜひ、男を馬車馬のように働かせてw楽しくて幸せな生活を手に入れましょう! 【男性は女性によって『デキる男に変貌する!』】 結婚後に家族を支えるために、まじめにがんばって働く男性の“仕事力”があるかないかについて、彼の力量も大切ではありますが、それ以上にあなたの彼に対する関わり方の方が重要です。 男は女によって良くも悪くも変わっていくものです。下記の古典落語をちょっと読んでみてください! 【芝浜】天秤棒一本で行商をしている、魚屋の勝は、腕はいいものの酒好きで、仕事でも飲みすぎて失敗が続き、さっぱりうだつが上がらない、裏長屋の貧乏暮らし。その日も女房に朝早く叩き起こされ、嫌々ながら芝の魚市場に仕入れに向かう。しかし時間が早過ぎたため市場はまだ開いていない。誰もいない、美しい夜明けの浜辺で顔を洗い、煙管を吹かしているうち、足元の海中に沈んだ革の財布を見つける。拾って開けると、中には目をむくような大金[1]。有頂天になって自宅に飛んで帰り...

つづきを読む